メニュー

何でも片付け隊 ワンピースブログ - 何でも片付け隊ワンピース|台東区・中央区・港区の遺品整理・不用品回収

TEL 0120-017-153

 

何でも片付け隊ワンピース

TEL 0120-017-153

 

何でも片付け隊 ワンピースブログ

新型コロナウイルス感染症の対策について

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月18日(木)

3202541 s

 

新型コロナウイルス感染症の対策について

【新型コロナウイルス感染症に対する当社スタッフの対応について】

遺品整理・生前整理は、
お客様やお取引先の皆様が安心してご依頼いただけるように以下の取り組みを徹底しております。

① 手洗い・うがい・アルコール消毒の徹底をしております。
・薬用石鹸・うがい薬・アルコール消毒液、次亜塩素酸水を設置し、来社される方への
 衛生面へ配慮しております。
・弊社スタッフは必ずマスク着用をし、会話時の距離も配慮致します。
・ご来社時は、マスクの着用をお願い致します。
・ご使用後の机、椅子、ドアノブなど全て毎回、消毒を行っております。
・倉庫、事務所、サロン内など全て定期的な換気を行っております。
・事務所とサロン内には、殺菌効果の高い精油をブレンドしてアロマ空間を
 プロデュースしております。

② スタッフ出勤時の体調の管理を徹底します。
毎日朝礼時に問診を行い、体調(せき・くしゃみ・発熱)についての確認を徹底しています。
*現在のところ、体調不良のスタッフはおりません。
(今後、体調が優れない場合や、速やかに検温を実施し、37度以上ある場合は出勤制限いたします)

③ 手指及び利用機器すべてに消毒
日常業務として実施している作業車両(作業用品等)及び機器等を次亜塩素酸水で洗浄を随時行っています。

④ 見積等の訪問や現場での作業時にマスクを着用
お見積りで訪問時、現場での作業時などココピアスタッフは全員マスク着用で対応致します。
(ご訪問の際に、最新の注意を払いお客様との距離を取り、マスクでの対応ご了承ください。
 

直接お会いする事が不安の方には、オンラインでの見積、
オンライン相談窓口などで対応しております

⑤スタッフ全員の心がけとして
出勤時間以外、および休日の不要不急の外出は各自控えております。
毎朝の朝礼時に外出先などの報告も随時しております。

以上、弊社のコロナウィルスについての対策等については、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づき対応しております。

ワンピースでは新型コロナウイルス感染予防対策をスタッフ全員で徹底させていただき、
遺品整理、生前整理、特殊清掃などお片付けが必要な方が
安心してご依頼いただけるように対応させていただいております。

ご自身で判断して捨ててしまう前に必ずプロの目で!

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月17日(水)

3386233 s

 

お客様が価値が無いと判断されたお品物の中から、価値のあるお品が見つかる事例が多数ございます。壊れているお品でも値段をつけることが可能な場合もありますので、素人判断はせず、ぜひご相談ください。

悪質不用品業者の特徴

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月16日(火)

3279731 s

 

①街中を大音量で巡回している

大音量の拡声器でアナウンスしながら巡回している不用品回収業者は悪質業者である可能性が高いです。お客さまから高い評価を受けている業者であれば、そのような営業をする必要はありません。

②ポストに無料回収のチラシを入れる

ポストに無料回収のチラシが入っている場合も多いです。無料回収をしたら、不用品回収のビジネスは成立しません。回収した不用品をリサイクル品として再販売すれば利益を出せますが、業者に無料回収させる不用品は、ほとんどが価値のないものです。それらを無料で回収するというのは、処分費だけが発生して赤字になってしまいます。そのため、無料回収業者を安易に信用しないようにしましょう。

③ホームページがない

ホームページを持っていない業者には依頼するのを辞めましょう。何かトラブルが発生した際に、連絡がつく業者であることは、とても大切です。そのため、ホームページのサービス内容だけではなく、会社名や所在地、連絡先が記載されているかを確認します。また、個人事業主か法人かも調べましょう。トラブルの引き金になるので、ホームページがないような不用品回収業者は使用しないようにしてください。

※当社はこのような事は一切ございません。

安心してお問い合わせ下さいませ。

当社の強み!!

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月14日(日)

085616

 

アフターフォローの 内装工事にも対応

遺品整理が終わったあと、お部屋の内装工事なども承っております。遺品を回収するだけではなく、遺品整理後のお部屋の使い方等についてもお気軽にご相談下さい。

お客様の声

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月13日(土)

3291330 s

 

【依頼内容】

ひとり暮らしのご兄妹が亡くなり、住まいの遺品整理の依頼をいただきました。

【現地調査】

ご遺族さまと打合せ日程を調整した上で、訪問いたしました。見積書は郵送し、電話にてご説明し契約させていただきました。

【作業内容】

ご遺族さま立会いのもと作業を行いました。間取りは2DKで、作業人数は3人で行いました。2tトラックを使用し、半日で作業を終了しました。

【お客様の声】

業者を決めた理由は地元の企業ということと、以前から不用品の処分でお世話になっており信用性がありました。見積りから作業まで早急な対応をしてもらい、また作業当日も迅速な作業でとても助かりました。

遺品整理はもちろんオフィス・一軒丸ごとの不用品回収まで対応

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月11日(木)

3386233 s

 

遺品整理はもちろんのことオフィス丸ごと・一軒家まるごとの対応も可能です。『どこから手を付けていいのかわからない』『物が多すぎて自分ではどうしようもできない』などありましたら一度お電話ください。安心・丁寧・迅速な対応でご好評いただいております。見積もり費用は掛かりませんので安心してご相談ください。

整理業者に頼むメリットとは

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月10日(水)

pixta 27351412 M 500x375

 

遺品整理業者に依頼する一番のメリットは、なんといっても「時間」と「体力」です。一般の方が遺品を片付けるのは、本当に大変な作業ですし、ましてや女性や高齢者の方では、重い荷物を運ぶことは難しいでしょう。

プロの遺品整理業者であれば、大きな家具や不要品の処分はもちろん、煩わしいリサイクル分別や換金作業などをすべてお任せでき、数時間で整理されますので時間を節約でき、体力を使うこともありません。

労力や時間の都合がつかないという方は、遺品整理業者に依頼することを考えてみるのも良いでしょう。 

業界最安値に挑戦

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月09日(火)

家具家電料金表

 

当社は業界最安値に挑戦

遺品整理士による細かな仕分けにより、買取できるものを買い取らせて頂き、作業費と相殺致します。また、費用は作業費のみで、別途ゴミ処理代などをご請求することはありませんのでご安心下さい。まずはお見積のみでも可能ですのでお問い合わせください。

遺品整理に適切な時期について

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月08日(月)

085616

 

親族が亡くなってしばらくしてから、そろそろ遺品整理をしなければ……と考えだす人が多いようですが、遺品整理を始めるのに適切な時期というものはあるのでしょうか。

答えは、「遺品整理を始めるタイミングは人それぞれで良い」です。遺族への悲しみが癒えるのにしばらくかかりそうな場合は数年後でもいいですし、諸事情により早急に片づけなければならない場合は、法要後すぐに行ってもいいのです。

中には、葬儀後間もないうちに遺品整理をしてしまうと故人に申し訳ない……と感じる人もいるようですが、そんなことはありません。親族が納得のいくタイミングで遺品整理を行い、故人への気持ちの区切りをつけることが大切なのです。

ただし、親族の了承を得ずに遺品整理を勝手に行ってしまうとトラブルの元になりますし、故人が賃貸に1人で住んでいたから早めに片付けなければいけない、といった場合は、時期を少し検討する必要があります。

以下で、一般的に遺品整理をする人が多い時期について説明します。

1-1.期限がある場合

故人が賃貸住宅に1人暮らしをしていた場合は、物件を明け渡さなければならないため、遺品整理をそれまでに終えておく必要があります。 多くの人は亡くなったあとの月末か翌月末までを契約期間とし、それまでに遺品整理を完了させています。

また、死後四十九日の間は、故人の魂がこの世を彷徨っているといわれているため、四十九日の法要が済むまで賃貸契約を結んでおき、そのあとに遺品整理を行うという方も多いようです。

1-2.期限がない場合
故人が持ち家に住んでいた場合など、すぐに住居を片付ける必要がない場合は遺品整理を急ぐ必要はありません。もちろん、早く片付けても問題はないですが、親族に相談せずに勝手に片付けるのはトラブルの元になるので気を付けてください。

多くの人が遺品整理を行うタイミングは以下の通りです。

区切りのよい法要のとき
死亡後の手続きが完了したとき
故人を亡くした傷が癒えたとき
親族が遠方でなかなか集まるのが難しい場合は、四十九日や百日法要、一周忌などで一同が集まった際に、遺品整理を始めるのがおすすめです。

その日のうちにすべてを終わらすのは難しいかもしれませんが、遺品の分配や財産分与の詳細だけ取り決め、あとは故人の家の近くに住んでいる人が遺品整理を進めていくという形がいいでしょう。

また、死去後は遺産相続手続きはもちろんのこと、保険・年金・所得税の手続きなどさまざまな手続きを行う必要があります。手続きによっては死去後何日か経過をしないと行えないものもありますので、すべての手続きを終えてひと段落してから、遺品整理を始める方も多いようです。

不慮の事故や急病など、突然のお別れになってしまった場合は特に、親族の傷が癒えるのには時間がかかるため、上記で挙げた期間にとらわれる必要はありません。

悲しみの中無理をして遺品整理を行うことは、故人にも遺族にも決して良いことではないので、ある程度気持ちが落ち着いてから始めるようにしてください。亡くなってから数年後にやっと手を付け始めた、という人も少なくありません。

遺品整理・不用品回収の流れ

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2021年02月07日(日)

085616

 

まずはお電話でご連絡ください

まずはお電話(0120-017-153)でご連絡ください。

どのようなことを伝えれば良いか分からない場合でも、担当スタッフがお客様とともに確認事項をチェック致しますのでご安心ください。

台東区・中央区・港区を中心に遺品整理・不用品回収を致します。

お問い合わせフォームへ

台東区・中央区・港区を中心に遺品整理・不用品回収を致します。

遺品整理・不用品回収のご相談・お見積りはお気軽に

0120-017-153

お問い合わせフォームへ

遺品整理士

Copyright ©何でも片付け隊 ワンピース All Rights Reserved. [ login ]

何でも片付け隊 ワンピース

HOMEはじめての方へ作業の流れ会社概要お問い合わせブログ

Copyright ©何でも片付け隊 ワンピース All Rights Reserved. [ login ]