メニュー

何でも片付け隊 ワンピースブログ - 何でも片付け隊ワンピース|台東区・中央区・港区の遺品整理・不用品回収

TEL 0120-017-153

 

何でも片付け隊ワンピース

TEL 0120-017-153

 

何でも片付け隊 ワンピースブログ

よくある疑問(Q&A)

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年06月01日(月)

1148256 l

 

遺品整理は、一生に何度も行うようなことではありません。そのため、小さなことから大きなことまで、疑問に思うことは多いと思います。ここでは、代表的な疑問とその回答を紹介します。

 

分別する必要はある?

廃棄物として処分するためには、必ず分別しておかなければいけません。

 

神棚や神札などはどうしたら良いですか?

神社へ返納します。

 

父や義母の思い出の品物が多すぎて、捨てられません。どうしたら良いですか?

無理に捨てる必要はありません。使えるものなどは施設や病院へ寄附するなどして使ってもらえば、思い出はずっと残り続けます。

 

遺品整理を業者にお願いするのは、葬儀の後くらいで良いですか?

ほとんどの場合、いつでも対応してもらえます。ただし、事前に見積もりをとってもらうなどしておいた方が、スムーズでしょう。

 

遺品整理業者を選ぶ基準は?

遺品整理の業界では遺品整理士協会という業界団体があり、遺品整理士という認定資格を設けています。 きちんとした、資格保持者にお願いすれば無資格の業者にお願いするよりも、悪徳な業者に依頼してトラブルに巻き込まれるケースは格段に減らせられます。

遺品整理士協会に加盟している団体については遺品整理士協会の団体紹介ページに登録している法人会員が具体的な企業名入りで載っています。 ただ、団体紹介ページには、法人会員の企業の住所・電話番号などが載っていませんので、右上にある遺品整理士協会の電話番号に一度問い合わせてみましょう。

法人・事業者・不動産オーナー向けサービス

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月31日(日)

8bbe63c01c8311e36d3f24d035190a15 s

 

移転から解体、不良在庫の処分まで企業の様々なニーズに対応します!

 

・オフィス移転作業やレイアウト変更作業のお手伝から大量の什器の整理処分まで店舗の閉店・廃業や在庫処分等における大量の不用品の整理処分、不良在庫の買取回収

・飲食店・レストランでの急な移転や閉店に伴う厨房機器の片づけ撤去

・建築・解体現場の大量廃材の廃棄手配や、残置物の買取回収

・外に運び出せないような重量物の解体、人手が必要な搬出補助、撤去

・OA機器・パソコン、機密文書・重要書類それぞれに応じた適切な処理

・即日対応から指定日対応など、ご都合に合わせたオーダーメイドプランでご対応

・適正処理を証明する破砕証明や機密文書溶解処理証明など、マニフェスト類の発⾏にも適宜ご対応

・秘密厳守・個人情報保護の管理を徹底して行っております

 

店舗、オフィス、倉庫まるごとお片づけ

 

工場やビル一棟まるごとまで、どんな規模のお片づけにもお応えいたします。 産廃業者様の手配はもちろん、通常の処分品と違って処理方法がわかりづらいようなものも、仕分けから什器等の分解作業までまるごとお任せください。

もちろん、資源物の分別をきっちりおこなうことで、リサイクル・リユースできるものは有効活用し、最も効率の良い方法で片付け整理作業をすることでコストダウンにつとめます。

 

 

 

 

明日への命の証しのために

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月30日(土)

pixta 27351412 M 500x375

 

現代ほど"遺品整理"という仕事に対し、注目が集まっている時代は、これまでなかったでしょう。

わが国の高齢化の急速な進展と、核家族化に代表される社会構造の変容に伴い、遺品整理業は、特に"需要"が高まっています。

 

故人のお部屋の片づけ、清掃、不要品の処分などの遺品整理は、これまでご遺族の方の手で行われることが一般的でした。しかし、現代のライフスタイルにおいては、時間的にも人手の面でも、ご遺族の力だけでは支えきれないのが現状です。

 

こうした社会背景を受け、遺品整理業の事業者数も年々増えています。

しかし、現時点では、遺品整理業に関する法整備がほとんど整っていないこともあり、不要品を不法投棄したり、不当に高額な料金を請求するような業者も少なからず存在します。

 

遺品整理士認定協会は、遺品整理業の社会的役割と事業者数の増大に伴う、モラルの低下を是正することを理念とし、業界の健全育成をはかるため、遺品整理士養成講座を運営するとともに、認定試験を実施することを目的として設立されています。

 

我が国は、2030年問題として、超高齢化社会が進み、50歳以上の男性だと3人に1人は、未婚者になるという推計も内閣府より出ており、さらには、高齢者の2人に1人は、孤立死をする可能性があると統計も出ております。

 

今後、孤立死問題は、メディアや新聞、書籍など、様々な分野で、注目を集め、更なる社会問題となり、核家族化、未婚率、超高齢化社会に伴い、遺品整理の需要が急激に増加すると言われております。

 

遺品整理業は、高齢化社会の中で20年は確実に収益を上げ続けることのできる仕事と言われています。ますます需要が高まるからこそ、専門的知識を習得し、適切な対応を行っていくことが今現在、求められています。

 

“イノチ”と向き合うこと、共に“生きる”ということ、そのために、遺品整理士の存在意義があります。

大きな信頼は、小さな絆から生まれます。

ご遺族の心に寄り添って丁寧に整理を致します。

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月28日(木)

teaser

 

遺品整理・不用品回収の「何でも片付けたいワンピース」では、故人の思い出が詰まった大切な品々のお片付けをお手伝いさせて頂いております。もともと故人の遺品整理は家族が行うものでしたが、分別が厳しくなり、ご家族だけで行うことが難しくなってきています。

当社には遺品整理のプロフェッショナルである遺品整理士が在籍しており、1点1点丁寧に仕分け致します。より良いサービスがご提供できるように、遺品整理士の他に、終活プランナー等の資格も取得致しました。当社は台東区、中央区、港区を中心とした東京23区に対応しております。まずはご質問だけでも構いません。遺品整理・不用品回収でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

遺品整理 何でも片付け隊ワンピースが選ばれる理由

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月27日(水)

20e6b58fd8af93c53598952204ad3216 s

 

芸能人も多数利用

絶対秘密厳守

 

秘密厳守でご近所にも気付かれないように可能な限り、静かに作業を行います。芸能人の方にも信頼を頂き、多数ご利用頂いております。

費用安くする3つの方法

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月26日(火)

3036289 s

 

一軒家で遺品整理を依頼する場合も、できるだけ料金は安くしたいものでしょう。遺品整理の料金を安くするための方法やコツは、一軒家でも集合住宅でもおおむね共通します。

ここでは、その共通するコツやポイントを解説していきます。なお、より詳しい内容については下の記事を参考にしていただけたらと思います。

①できる所まで自分で整理してみる

遺品整理の作業の中には、一般の方が自力でできる内容も多くあります。労力はかかりますし、プロと比べると時間も相当にかかるでしょうが、それでもできないことはありません。

そうした作業を地道に自力でこなしていただくと、一軒家でもアパートでも、遺品整理の料金を安くすることができます。このように「自分で遺品整理をするコツ」については、下の記事でも解説しているので、参考になさってみて下さい。

 

②費用相場についてよく理解する

どんな分野でも「そのジャンルの費用相場を知らない人」ほど、いわゆるぼったくりなどの被害に遭ってしまうもの。それは遺品整理でも同じです。

ボッタクリとまではいかなくても「少々割高」という業者はある程度存在します。こうした業者に騙されず、適正価格でサービスを受けるためには、まず相場を理解することが重要です。

 

③遺品整理自体について詳しくなる

価格は明確な数字があるので、違いがわかりやすいもの。しかし「サービスの質」については、知識や経験がなければ違いがわかりません。

そのため、悪質な業者はひたすら安さを売りにし、低品質なサービスで押し通そうとします。このような業者に騙されないためには「相場を知っている」だけでは足りないのです。

新型コロナウイルス感染流行に思うこと

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月25日(月)

3202541 s

 

新型コロナの感染は、まだまだ衰えることなく、毎日多くの方が感染し、時としては命を失うという怖い様相を見せつけています。

感染しないために「三密」が掲げられていますが、あんしんネットでも極力人との接触を避けるために、営業の全面中止、会話する際には距離をとって行なうこと、もちろんマスク着用は必須(通勤・勤務中)です。

一たび感染となれば、事業所の封鎖や2週間の経過観察なども出てきますし、中小企業としては到底持ちこたえることができない事態が発生する恐れもあります。

感染対策の一例として、健康管理表への日々の検温数値の記入や身体の異常をチェックするシートで、社員の健康状態を確認しています。幸いなことに、まだ異常値を記入したスタッフはいませんが、やり始めてみると慣れたもので、自分の体調を振り返る意味でもやるべきであると考えています。

非接触型の体温計は、現在ネットでも購入が難しくなっています。今日の昼のニュースでは横浜市で体温計の寄付を募っていると聞きました。軽度の感染者を収容する施設で、検温が行なわれるのですが、圧倒的に体温計が不足しているとのこと。整理現場では、体温計も出てきますので、それらを集めたものを消毒・殺菌の手入れをして寄付へと回そうかと計画しています(既に弟子たちがその手配をしてくれて、発送は完了したようです)。

私たちにできることがあれば、今は率先してやってあげる、まずはこんな心持を持つことが大事だと、つくづく感じます。

昨日は埼玉県下で、新型コロナ感染による居宅内での死亡が確認されました。心よりお悔やみいたしますが、見方をかえると、「孤独死」だったのです。

遺品整理の中でも、「孤独死」現場の整理案件というのは飛び込んできます。

あんしんネットでは、ホームページでもお伝えしているように、新型コロナ感染者の居宅内の整理作業を行なうことはできません。

 

その理由としては、

①新型コロナウイルスそのものの検体がなく、そのために細菌を不活性化させる科学的なデータも出ていません。本来、弊社の業務で行なっている除菌の為の薬剤散布やオゾン発生装置でのウイルス不活性化も実証できませんので、そのような状況下で施工はできないからです。

②弊社の整理業務は、主に一般消費者の居宅内において作業を行ないます。特に高齢者との関りが多い「福祉住環境整理」では、極力非接触を心がけねばいけません。除染や消毒作業を弊社スタッフが行なうと、感染のリスクが高まるので、それらを閉塞させる意味でも、作業に従事することはできません。

③あんしんネットは、ウイルス除染や消毒を専門家の立場で、それだけを施工してきたとは言えません。(孤独死現場などで、これまでに除菌・消毒・消臭作業を専門的な知識を有し、それも専門的な機材や資材でもって行なってきましたが、今回の新型コロナウイルスに対応できるスキルまでには残念ながら到達していません。)

できないことは、明確にできませんと宣言することが、企業としての在り方であると考えていますので、このように正直にお伝えいたします。これまでの特殊清掃の領域を超えているのが新型コロナウイルスなのです。

 

以上のように、明確にお伝えするしかないのですが、人の命に係わるケースですから、ここはその分野の専門業者に依頼をかけるしかないと強く感じてしまいます。

さらに危惧すべき点は、今後新型コロナで亡くなった人の孤独死現場は確実に出てきます。
また、現在の外出自粛によって地域の見守り活動もできていませんので、当然高齢者の孤独死が増えると予測しています。 (地域の高齢者の何でも相談室とも言える地域包括支援センターの職員と何箇所かで話をしましたが、現在、高齢者の相談訪問はほとんどなく、包括としても戸別訪問はしていません。唯一できるのは、電話によるヒアリングくらいであると言っています。)
若い世代についても、アルバイトの解雇や退職を余儀なくされて、それによる引きこもりやセルフネグレクトも当然増えていくでしょう。東日本の震災の時もそうでしたが、社会的に大きな衝撃を与える出来事が発生した場合、その後数カ月は孤独死は減りました。
やはり安否確認などを誰もが行なったことに起因します。

しかし、人間というものは残念な生き物で、そのような出来事も月日が経つと誰もが記憶から消し去っていきます。先の震災発生から半年後以降に、多くの孤独死現場が発生したのも事実です。

すでに分かっている現象があるならば、今のうちにその対応をはかることが大切なのですが、どうしても自分や家族のことばかりを考えてしまいがちですから、少し見方を変えて、周りの人に目を向ける視点も持ち合わせて欲しいものです。

あんしんネットでは、今は営業活動を中止しています。整理を依頼される方に対しては対応していますが、各種整理において色々と聞きたいということであれば、気軽に電話連絡していただければ、熟練のスタッフが対応いたします。

もちろん私も講演やセミナー活動をストップしていますので、事務所に在籍の場合は受話器をとって対応させていただきます。 今は一日でも早く、まずは非常事態宣言が解除されて、誰もがマスクなしで外出できるような社会の訪れをのぞむばかりです。その為にも、人との接触を限りなく減らして、流行がおさまるように努力することが大切であると感じ、実行にうつすのみです。

 

遺品整理が大変な3つの理由

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月24日(日)

1689459 s

 

自分の物でも大変な整理や片付け。他の人の物となればなおさらです。故人の遺品整理が大変なのには、次の3つの理由があります。

 

1.思い出がよみがえってつらい

物を整理することが気持ちの整理につながることもありますが、再び大きな悲しみにおそわれることもあります。父の背広、母の着物、お気に入りの座布団……。生前、故人が愛用していた物を見ると、思い出がよみがえり、胸がいっぱいになってしまうことも。遺品は故人の“生きた証”ですから、なかなか純粋に物としては見られないんですよね。

 

2.どれを処分してよいかわからない

いざ処分しようと思っても「何が大切な物かわからない」ということもよくあります。捨てたあとで「あれは大切な物だった」とわかっても後の祭り。とくに趣味の品や美術品はその価値がわからず悩むことも多いようです。

 

3.遺品が大量すぎる

昨今は片付けブームなので「なるべく物を持たない」という人も多いですが、年配の方だと少し感覚が違うこともあります(※「もったいない」記事へのリンク)。家中の物を集めると、トラック何台分にもなることも少なくありません。

遺品整理の注意点

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月23日(土)

3236985 s

 

遺品整理を自分たちで行う場合も、プロに頼む場合も、気をつけなければならない注意点があります。

  • 親族とのトラブル

相続人が複数いる場合、一人で遺品整理を行うと、金品の配分などをめぐってトラブルにつながりかねません。遺品整理は、自己判断ではなく必ず相続人全員で一緒に行ってください。

  • 手続き書類の早めの準備

手続きが必要な書類の中には、期日が設けられているものもあります。特に貴重品の整理は、早いうちに片付けるほうが良いでしょう。

  • 処分に迷うものは一旦保留

遺品を整理している途中で処分の方法に迷うものが出てきたら、一旦保留にしておくことをおすすめします。故人が亡くなって間もないうちに遺品整理を行わなければならない場合、悲しみが大きく冷静な判断力が欠けていることがあるからです。

時間を置き、気持ちが落ち着いてからあらためて判断すると、「あのとき捨てなければよかった」と後悔することもなくなるでしょう。

高価買取!趣味のものやコレクション!

カテゴリ: 何でも片付け隊 ワンピースブログ 作成日:2020年05月22日(金)

2170167 s

 

Nゲージの鉄道模型やフィギュア、年代物の切手などのコレクション品も、希少価値のあるものは高価買取が期待できます。そのほかにも、釣り竿、ゴルフクラブ、楽器なども値段がつくことがありますので、捨てずに必ず査定をしましょう!

台東区・中央区・港区を中心に遺品整理・不用品回収を致します。

お問い合わせフォームへ

台東区・中央区・港区を中心に遺品整理・不用品回収を致します。

遺品整理・不用品回収のご相談・お見積りはお気軽に

0120-017-153

お問い合わせフォームへ

遺品整理士

Copyright ©何でも片付け隊 ワンピース All Rights Reserved. [ login ]

何でも片付け隊 ワンピース

HOMEはじめての方へ作業の流れ会社概要お問い合わせブログ

Copyright ©何でも片付け隊 ワンピース All Rights Reserved. [ login ]